萌えもももえも萌えのうち2

アクセスカウンタ

zoom RSS FMトランスミッター が故障したので修理してみた。

<<   作成日時 : 2018/09/01 20:14  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



FMトランスミッター bluetooth シガーソケット USB 2ポート 充電 12V

●約1年半前に購入したFMトランスミッターが故障したので、
壊すのを覚悟で修理してみました。

病状は電源が入らない。

ソケットに抜いたり差し込んだりすると、
瞬間的に電源が入ることがある。

という事でどうやら電源まわりの故障のようです。


●分解開始。

分解開始しましたが、ソケット部分のヒューズは分解できましたが、
そこ以外ははめ込み式のようです。

画像

画像


で、小さいマイナスドライバで側面をこじ開けて分解に成功しました。
真ん中の稼動部分は側面の丸い部分がカバーになっているので、
本体の隙間をある程度広げるとカバーに隙間ができるので、
その隙間にマイナスドライバーを入れて外します。
そのカバーの下に小さい輪ゴムがはまっていますので外します。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


↑ここで異常発見。
分かりにくくてすみません。
ソケットの側面の電源用の金具にコードが繋がっていない。
スプリングの下にコードがある。
右が電源用金具。
本来はコードと金具が繋がっている。
(画像はすでに両面テープを貼った後のものです)

細いコードが振動で切れてしまったようです。

これだとハンダづけが細かい作業になるし、
また振動で切れる可能性があるので、
コードのゴムを少しむいて、コードの中身を5mmほど露出させます。
厚めの両面テープを3枚重ねて、
そこにコードを貼り付けて固定。

するとうまく電源用金具に押し付けられる状態となりました。

これで通電するはずです。


●結果、成功。

うまく作動しました。

この機種では私と同じ故障が多いと思います。

だめもとで一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
FMトランスミッター が故障したので修理してみた。 萌えもももえも萌えのうち2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる