萌えもももえも萌えのうち2

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛暑の今だからこそ「路地栽培トマト」がお勧め!

<<   作成日時 : 2018/07/24 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●まず路地栽培とは、ビニールハウスなどで囲わず地面で栽培する方法のことです。
まあ、世間一般のイメージどおりの畑です。

●私がお勧めしたい「露地栽培トマト」はもう少し条件があります。
それはここ数日雨が降っていない地域のトマトであることです。

 トマトが好きな人はもうご存知だと思いますが、
トマトは与える水分が少ないと糖分を蓄えるため、
甘くなるのです。

 で、今の猛暑です。
地域にもよりますが、畑は水が無くてカラッカラで、私の畑ではヒビが入るほどです。

 私の畑のトマトはそのおかげで甘くなりました。

●ビニールハウスは甘くないのか?という点ですが、
実はビニールハウスごとに栽培方法が違ったり、
栄養や水の量が違ったりして違ってきます。

 ただ、残念ながら本当に甘いトマトはブランド化していて
値段が高いのが実情です。

 しかし、露地栽培では普段は雨の影響などで甘さが控えめなので、
安い値段で販売しています。
ところがここしばらくの猛暑と晴れ続きです。
甘さが凝縮されています。
でも、いきなり値段を上げるわけにもいかない。
なので安くて甘いトマトが買える、というわけです。

●ただ、露地栽培とは普通の畑での栽培です。
お店でわざわざ「露地栽培です!」とはあまり表示しません。

ですので、もし露地栽培ということがわかったら試してみてはいかがでしょうか?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
猛暑の今だからこそ「路地栽培トマト」がお勧め! 萌えもももえも萌えのうち2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる