萌えもももえも萌えのうち2

アクセスカウンタ

zoom RSS アミメアリ(小型のアリ)の撃退

<<   作成日時 : 2018/05/18 16:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●春、ふと気がつくと小型のアリが床下の通気口から大量に出入りしている。

実は我が家ではベランダが雨による腐食とアリの巣の放置により
ベランダの床がふわふわ(ぼろぼろ)になり、
去年工事したのです。

その教訓から早速撃退開始。

以前は少しお腹が長い種類でしたが、
今回はもう少し小さくお腹が丸いアミメアリのようです。

1.まずは普通に行列に蟻用殺虫剤。
しかし、すぐに行列が出来ます。
こちらの商品は殺せるけども忌避効果は無いようです。



2.古いアリメツ。
以前の蟻の撃退で使用したものですが、
前回の使用では多少は食いつきましたが、
わんさか食べにくることはありませんでした。
今回はさらに見向きもしません。
古くてにおいが消えてしまったのでしょうか。
蟻には蜜が好きな種類と雑食のものがいるそうで、
こちらは蜜好き蟻さん用のようです。


3.100円ショップの蟻の巣撃退。
以前も100円ショップの蟻の巣用のエサ型薬剤を使用したことがあるのですが、
前回も今回もまったく効果なしでした。

4.タンスの防虫剤。
こちらも100円ショップの防虫剤。
ドーナツサイズの防虫剤の交換用のもの。
一袋に二つ入っていました。
成分はパラジクロルベンゼン。
本来はハンガーの上部につけておくもの。
これを通風口の金属の柵に立てかけて終了。
こちらはまあまあ効果有!
しかし、成分が空気より重いらしく、周囲の地面からは撤退しましたが、
1mほど離れた壁を登って地面より20cmほどの高さで壁を伝って入ってきます。


5.フマキラー ベープリキッド。
そう、下は通らなくなった。
ならば次は上だ!
ということで、薬剤を熱で蒸発させるもの。
我が家にはこのタイプの本体がフマキラーとアースがあったのですが、
近所のホームセンターダイキではダイキオリジナル「DCMブランド」があり
フマキラーのリキッドの交換用のものが安く入手できました。
これを通気口の前に設置。
次の日にはちらほらしか見かけなくなりました。


■まったく来なくなりました。
もしかしたらものすごく大回りして来ている可能性もありますが、
今のところその様子はありません。
フマキラーのベープリキッドは殺虫成分があるものなので
巣にもある程度届いているはずですので、
さすがに居つづけようとは思わないでしょう。

「アリの巣コロリ」についてですが、
10年ほど前に使った時はまったく効果がありませんでした。
その経験から今回も使用しませんでした。
「アリメツ」も効果が無かったので巣に持ち帰るタイプはだめかな、と。
ただ、これは我が家の場合です。
アリの種類によって好き嫌いがあります。
ヒットした場合に効果が高い「アリの巣コロリ」は本来はお勧めです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アミメアリ(小型のアリ)の撃退 萌えもももえも萌えのうち2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる