萌えもももえも萌えのうち2

アクセスカウンタ

zoom RSS 金属製の湯たんぽを買うならどこで買うのがお得か調べてみた!?

<<   作成日時 : 2017/01/22 11:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●45年前の湯たんぽに錆で穴が空いている事が判明し、

ついに買い替えとなりました。

母が学生の頃に使っていた物を数年前から使用。

去年くらいから、内部の水が毎日茶色になっていたので、

内部の木片が腐っているのかと勘違いしていたのですが、

錆だったのですね・・・。

(昔は板が入っていた。おそらくですが、空気だけだと冷えた時に空気が収縮して湯たんぽが凹むので

冷えても縮まない板を入れていたのでしょう。今でも物によっては入っているかも?ですが。)

今思い返せば、去年くらいからなんとなく周りの布が湿っていた気がします。

そして今年、完全に濡れている。

で、本体をよく見るとお湯が垂れていましたw

画像



●買うにあたり、今はネットの時代です。

ネットで安く買えるのでは?と思い調べましたが、

やはり大きい物なので送料が無料という商品が少なく、

送料無料でも商品に送料分が含まれているような価格になっています。

だったら近所のホームセンターで買えば、

送料分安くなるのでは?と考えて調べて見ました。

今回私が欲しかったサイズが以前とほぼ同じ2.4Lのみに絞りました。

また、評価の低い商品は除外しています。

※2.4Lサイズ

ショップ        本体価格 送料  合計
amazon        822円   540円 1362円
ヤフーショッピング  818円   500円 1318円
楽天市場       818円   500円 1318円
カインズホーム    980円    0円  980円

ちなみにカインズでは2.5LのIH対応の商品が1380円であります。

コーナンとダイキには2.4Lサイズが有りませんでした。

(3.6Lサイズが欲しい場合はコーナンで980円(税含まない?))

『結果、カインズホームが一番安かったので、こちらを購入しました。』

画像



●まあ、こんな商品なので使用感は変わらないと思いますが、

蓋部分が古いものに比べて出っ張っているので、

そこに足を乗せていると違和感や低温やけどの心配があります。

それと、最初なので内部から接着剤のきついにおいがあります。

おそらくですが、錆止め剤ではないかと考えます。


●私の使用方法ですが、

2Lの沸騰したお湯を朝に入れます。

湯たんぽ用の袋2つ使用します。

つまり二重にして保温性を高めます。

画像


私は机で作業をする事が多いので、机の下に化繊綿の掛け布団を

3回ほど折りたたんで、その下の方の間に挟みこみます。

画像


画像


そして上の間に足を入れて、ひざ掛けをして温まります。

低温やけどに注意!

ここまですると寝る時でもホカホカ状態ですので、

足元に置いて寝ます。

朝でもぬるい暖かさが残っています。


●価格についてですが、時期をずらせば下がります。

どの程度下がるのかはお店によるでしょう。

底値は4.5.6月頃ではないかと推測します。

これを過ぎれば倉庫にしまっておいて冬まで待つ方がお得だからです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
金属製の湯たんぽを買うならどこで買うのがお得か調べてみた!? 萌えもももえも萌えのうち2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる