萌えもももえも萌えのうち2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 第9話 ちょっと感想 温泉

<<   作成日時 : 2015/08/30 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このページには勝手な推測も含まれています。



画像

↑今回は伊丹がバツイチだったことが発覚した所から。
奥さんはBL同人作家。

画像

↑たくさんの本に感心するが、
ピニャとボーゼスはBL同人誌に夢中。

小さなアパートの一室に全員入って就寝。

次々と襲撃に遭っていたので誰からの情報が漏れたのか判断するためにも
関係者ではないこのアパートを選んだ様子。

結果夜は襲撃に遭わなかったので尾行は無く、
公安の駒門さんもしくは周辺で情報が漏れていたことになるのかな。

次の日はショッピング。
話の中ではどうせばれているのだから人ごみの中の方がいいということでしたが、
これはおそらく敵に見つけてもらって、
自衛隊の特殊部隊が待ち構える温泉旅館に敵を引き込む作戦なのでしょう。

(こういった場面で説明的なセリフやシーンが少ないことが時々見られます。
詰め込んでる感が気になります。)

画像

↑ショッピング。

画像

↑テュカは現代弓を購入。

ビニャたちはBL同人誌が欲しかったのだが、
芸術を調べたい、と図書館に行ったため
BL同人誌にはめぐり合えず。

画像

↑温泉旅館。

画像

↑ロゥリィは護衛の自衛隊特殊部隊の遠距離からの監視(覗き?)に気が付く。

まあ、分かっているとは思いますが、
自衛隊の特殊部隊のコードネームがFate/stay night関係から引用されている。
これは伊丹が防衛大臣とオタク友達ということが原因と思われる。

画像

↑体を洗わずに入ろうとして注意される。

あまりきわどいシーンが無くて残念。

画像

↑敵の特殊部隊。
自衛隊の特殊部隊は進入してくる人物を次々殺していく。
会話の内容から推測するに敵の正体がはっきりせず
「異世界人に興味を持つサバゲーマー」の
可能性もあると分かっていながら殺しまくってます。
まあ、実銃による反撃があるので途中からは正当防衛が適用されるでしょうが。
この部分はちょっと不自然。
さらに敵の特殊部隊が暗視装置を装備していないのもおかしい。

途中で敵の特殊部隊の正体を知るために殺した敵のマスクを脱がすと黒人と白人だったことが判明。
(おそらくアメリカと判明する)
ここで正体が初めてハッキリする。

画像

↑それとほぼ同時に政治による裏工作で自衛隊に防衛作戦中止命令が。

画像

↑周りで密かに敵の特殊部隊と自衛隊の特殊部隊が戦っている最中。
みんなはおやすみ。

画像

↑でもロゥリィは起きていて、伊丹も目を覚ます。

画像

↑周りで戦闘が行われているので興奮、ロゥリィに迫られる伊丹。

○ここで終わるのですが、この後の展開はOPでチラっとネタばれしている。

画像

↑もう分かりますよね。

 この第9話は実際にはとても繊細なストーリーだったはずで、
アニメにするには派手ではないため強引に圧縮したのではないでしょうか?
仕方ないですね。

やっぱりそれでも面白い。
5段階評価で
5です。(次回が待ち遠しいレベル)。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 第9話 ちょっと感想 温泉 萌えもももえも萌えのうち2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる