萌えもももえも萌えのうち2

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 ちょっとだけ感想

<<   作成日時 : 2015/07/09 13:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

簡単な内容。
銀座に異世界とつながるゲートが出現し、異世界の軍隊が攻め込んでくる。
騎馬、ゴブリンなどの歩兵、飛竜騎兵など。
主人公の伊丹(実はオタク)は偶然現地に居合わせ(年に2度のイベントに行く途中)
救助に尽力し、有名人となる。
そして今度は自衛隊が異世界へ進出することになる。

画像

↑警官に襲い掛かる敵兵を敵兵が持っていた短剣で殺す伊丹。

画像

↑反撃に転ずる自衛隊。
圧倒的火力で殲滅する。
何人かは捕虜にしているらしい。

画像

↑表彰され昇進し有名人に。

画像

↑3Dそのままではなく絵を貼り付けているタイプの動画だと思います。
3Dそのままだと基本的に滑らかに動きすぎてキャラの動きと違っているので
違和感がありますし、ツルっとしていておもっちゃっぽいのですが、
ちゃんと一手間かけていて、アニメ絵っぽくなっています。

●この異世界と自衛隊の設定の原点はやはり『戦国自衛隊』でしょう。
最近では『アウトブレイクカンパニー』ですね。

異世界に進出する時に使っている戦車が最新鋭の90式や10式ではなく
旧式の74式戦車というのが、詳しい人が作った作品だな、と思わせます。
最新鋭だと整備が大変ですからね。

それと新しい迷彩パターンの迷彩服が進出前に新しく支給されているのもいいですね。
活動する場所で一番目立たない迷彩服を使用するのは基本ですからね。

作者の「自衛隊ラブ」な想いがたっぷり詰まった作品ということがよく分かる内容です。

とにかく、異世界と自衛隊、異世界で活躍するオタク、異世界の美少女とオタクという
ワクワクする内容てんこ盛りのこの作品にはかなり期待します。

私的5段階評価で
5です。(次回が待ち遠しいレベル)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アニメ「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 ちょっとだけ感想 萌えもももえも萌えのうち2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる